お薦め

あなたのシャンプーは大丈夫?

あなたはシャンプーを買うとき、どうやって選んでいますか? 
なんとなく値段で選んでみたり、かっこいいCMをやっていたからという理由で選んでいる人は要注意です。
市販されている安価なシャンプーには、実は怖いことがたくさんあるのです。

まず、洗浄力が強すぎる。
市販されているシャンプーの大半は、ラウリル・ラウレスというとても洗浄力の強い成分を使っています。
洗浄力が強いということは、潤いを守ってくれる必要な皮脂を洗い流し、頭皮をカサカサにしてしまうということ。
カサカサに乾いた頭皮は固くなり、やがてうまく育毛できなくなります。

市販のシャンプーはラウリル・ラウレス系でなくてもほとんどが合成界面活性剤を用いています。
この成分は生分解性が悪いという特徴があり、洗い残りやすいという点も無視できません。
シャンプーの洗い残しは怖いのです。
単にシャンプーの成分が毛穴に残って炎症を起こしたりと、頭皮に悪影響を与えるだけではありません。

合成界面活性剤は身体で分解できない成分です。
頭皮に残った合成界面活性剤は、分解できないまま体内に入り、尿道まで行き着きます。
しかし合成界面活性剤は尿道から外には出しずらく、体の中に残ります。
女性は特に出しずらく、これが溜まって、尿道の合成界面活性剤が膣に行き着き、膣ガンの原因になる症例もしばしばみられます。
シャンプーの洗い残しは本当に怖いのです。
シャンプーの購入時は成分をよくみるようにしましょう。

また「無添加」という言葉にも注意が必要です。
「無添加」という言葉は「天然成分」と同じようなやさしいイメージがあります。
しかし、「無添加」の場合は、何が「無添加」なのかをしっかり確認しなくてはなりません。
「○○無添加」は「○○が入ってないよ」という意味ですので、○○の部分が重要になってきます。
実は○○無添加シャンプーは、○○が入ってないだけで●●が入ってた!という落とし穴があるかもしれませんよ。

シャンプーはしっかりと成分を確かめてから購入されることをおすすめします。
ウーマシャンプーは人気の育毛シャンプーなので、こちらもご覧ください。